動画配信サービスの登録と解約の方法、仕方、やり方!!

Fire TV StickをポケットWi-Fiで利用したら通信速度の制限がかかった!

FireTVをポケットWi-Fiで利用。速度制限でとんでもない目に!! 「Fire TV Stick(ファイヤー ティービー スティック)をポケットWi-Fiで使用した場合に通信量は足りの?」と疑問をお持ちのあなた。 実際に私がポケットWi-Fiで利用したら、通信量がオーバーしてしまいとんでもない目にあいました!! そんな不運な実体験をこの記事ではお届けしたいと思います。まだ、購入を検討中の方は参考までにご覧頂ければと思います。対策も載せておくので必見です!! なお、通信速度の制限とは「3日間で10GB以上の通信量を消費した場合」にかかる制限です。

ポケットWi-Fiだと通信量が足りない?

FireTVをポケットWi-Fiで利用。速度制限でとんでもない目に!!

 

私の環境

  • Fire TV Stick
  • ポケットWi-Fi→WiMAX2+
  • プロバイダ→ブロードWiMAX
  • 視聴時間→1日に1時間も見ない
  • その他にスマホとPCでネット検索するくらい

 

amazonでFire TV Stickを購入し、ルンルンでテレビに接続しました。

 

初日、二日目と大画面でAmazonプライムビデオを楽しめでテンションも上がりまくり♪やっぱりテレビ画面で見るのは楽しいなぁ〜

 

FireTVをポケットWi-Fiで利用。速度制限でとんでもない目に!!

 

しかし、事件がッ!!!

 

PCもパソコンもいつもより通信が遅いようなぁーっとポケットWi-Fiを調べてみると10GBを余裕で超えているではないか。。。。

 

ネット情報では、ポケットWi-Fiでも映画3本分ほど見れるという情報を手に入れていたのでがっかりです。使いものになりません!!

ほったらかしだとダイソン並の吸引力

「そんなに動画を見てないのに〜」と別日にポケットWi-Fiの端末のデータを調べても、やはり通信量がオーバーしています。

 

とある休日に一日家を空けており、次の日に3日間の通信量を調べてみると普通にオーバーしていました。

 

1ミリも使っていないのに、これはさすがにおかしいとポケットWi-FiのWi-Fi接続情報を見てみました!!

 

FireTVをポケットWi-Fiで利用。速度制限でとんでもない目に!!

 

オーマイガー!amazonの接続時間が42時間となっています。

 

つまり、これはFire TV Stickを42時間接続し続けているということです。「そりゃ通信制限がかかるわな」っと納得。

 

Fire TV Stickは、テレビ画面を消しているのにも関わらず、ダイソン並の吸引力で通信量を虫食むようです。

 

 

Fire TV Stickは電源オフにできない

 

テレビのスイッチを切るだけでは、Wi-Fiの通信は途絶えないのだとわかりいろいろ調べてみることに。

 

使用後に Amazon Fire TV をオフにする必要はありません。Amazon Fire TV は、省エネのために20分後にスリープモードになるように設計されています。

 

amazonの公式ページにしっかりと書いてありました。

 

しかし、これでもつじつまが合いません!!

 

仮に20分後に自動でスリープモードに移行したとしても、42時間も継続的に接続しているというのはありえないからです。(使用時間は1時間程度です)

 

放置せずともリモコン操作をして手動でも強制的にスリープモードにできるのですが、これをやってみてもやっぱりダメでした。

通信量オーバーしない方法があった

Fire TV Stickがスリープモードになったとしても、通信量は永久的にかかってしまうという事実が判明しました。

 

Fire TV Stickを利用していない時に、通信量をかからないようにする方法をネット上で調べてみましたがなかったので、Amazonに問い合わせてみました。

 

 

テレビの電源を切っても通信量がかかるのですが、どうしたら良いですか?


 

 

コンセントを抜いてください


 

ガーン。かなり原始的な方法ですが、コンセントを抜く以外にWi-Fi通信を止める方法はないようです。

 

なんでも、Fire TV Stickは常に(電源オフ時にも)アップデートを自動で行う仕様になっているらしく、コンセントがささっている状態でもWi-Fiの通信を食うらしいです。

 

どちらかと言えば、ポケットWi-Fi利用者というより通常のネット回線を敷いている人向けの仕様なのかもしれませんね。

 

 

コンセントを抜いてみた

 

コンセントを抜けば電源オフになるということはわかりますが、そんな原始的な方法とは想像もしませんでした。何かボタンやスイッチがあると想像するのが普通かと。

 

FireTVをポケットWi-Fiで利用。速度制限でとんでもない目に!!

FireTVをポケットWi-Fiで利用。速度制限でとんでもない目に!!

 

とりあえず、テレビ側についている配線を抜いてみました。

 

テレビ側についている配線を抜いてもどうやら通信が切れないようです。

 

FireTVをポケットWi-Fiで利用。速度制限でとんでもない目に!!

FireTVをポケットWi-Fiで利用。速度制限でとんでもない目に!!

 

そこで、コンセント側の線を抜いてみました。

 

FireTVをポケットWi-Fiで利用。速度制限でとんでもない目に!!

 

こっちだとしっかりと通信が途絶えているので、Fire TV Stickの電源がOFFになっていることがわかります。

 

>>Fire TV Stick詳細 Amazon公式ページ

「ポケットWi-Fiで利用できるのか?」まとめ

黒板

 

ここまでをまとめると以下のようになります。

 

ポケットWi-FiでFire TV Stickを利用する際の注意点

 

Fire TV Stickには電源OFFのスイッチがない

 

テレビの電源を落とすと20分後に自動でスリープモードへ

 

スリープモードだと通信量が実はかかる

 

スリープモード状態で利用したら3日間の通信量をオーバーする

 

対策としてテレビ側ではなく、コンセント側の線を抜いておく必要がある

 

 

ポケットWi-FiでFire TV Stickを使用する場合には、テレビ画面を消しスリープ状態にしても3日間の通信量の制限10GBを超えてしまいます。

 

利用しない時はコンセント側の線を抜いておく必要がありました。

 

今では特に問題なく利用できています。よほどたくさんの動画を見ない限りは十分に使えます。

 


Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン付属

Fire TV Stickを使ってみて思ったこと

FireTVをポケットWi-Fiで利用。速度制限でとんでもない目に!!

 

実際にFire TV Stickを利用してみて、もっと早めに購入しておけば良かったと今では思います。

 

私の場合は、Amazonプライムビデオ以外にも、dアニメストアやさらにYouTubeまでテレビの大画面で見ています。

 

特に食事中などはスマホよりテレビで見た方が充実がハンパじゃありません。寝る前はスマホの方が楽なのでスマホで見ています。

 

 

他にもHulu、dTV、Netflix、FODプレミアム、パラビ、AbemaTV、ギャオなどにも対応しているので、5000円でこのクオリティなら申し分ありません!!

 

仮に使ってみて必要ない場合でも、需要があるのでメルカリなどで出品すれば3000円ほどで売れるかと思います。

 

>>Fire TV Stick詳細 Amazon公式ページ

 

Fire TV Stickを快適に利用する方法

 

わざわざ使っていない時にコンセント毎回抜くは面倒ですし、毎回コンセントを抜くという行為は電解製品の使い方としてもあまり良い行為とは思えません。

 

FireTVをポケットWi-Fiで利用。速度制限でとんでもない目に!!

 

そこで、このようなスイッチ付きのコンセントを購入することをおすすめします。

 

これなら、利用しない時はボタン一つで電源OFFにできるので、それほど面倒な作業もないかと思います。

 

<<スイッチ付 コンセント amazonで見てみる

 

>>スイッチ付 コンセント 楽天で見てみる

 

Googleクロームキャストと悩んだ場合

 

Fire TV StickはAmazonが販売しているものです。それに対抗したGoogleの販売しているGoogleクロームキャストというものもあります。

 

スペックに関してはどちらも似たような物。料金もほぼ同じで5000円で購入できます!!

 

FireTVをポケットWi-Fiで利用。速度制限でとんでもない目に!!

 

使い分ける点としては、スマホを直接リモコンにするかリモコンを単体で利用するかだけです。

 

スマホをいじりながら利用したい私の場合には、Fire TV Stickがおすすめ。

 

反対にリモコンが邪魔になる。スマホでリモコン操作したい場合にはGoogleクロームキャストで良いでしょう。

 


Google Chromecast チャコール

 

以上がFire TV StickをポケットWi-Fiで利用した私の体験談でした。

ボタン

トップへ戻る